地域をみつめ 子どもたちの夢をつくります!

2016年9月30日(金)「赤い羽根 空の第一便」中央伝達式

  • 「赤い羽根 空の第一便」中央伝達式でANAの客室乗務員の川上さんの襟に赤い羽根をつける堀内厚生労働大臣政務官
  • 「平成28年度 赤い羽根共同募金運動ポスター」を囲む中央伝達式出席者 (右から3人目:堀内厚生労働大臣政務官)
  • ANAグループの客室乗務員の大窪さんの襟に赤い羽根をつける斎藤中央共同募金会会長
  • 厚生労働大臣のメッセージを手渡す堀内厚生労働大臣政務官

今年で70回目をむかえる赤い羽根共同募金運動が10月1日から全国一斉に始まります。
それに先立ちプレイベント「赤い羽根 空の第一便」中央伝達式を行いました。
「赤い羽根 空の第一便」は、ANAグループの客室乗務員の皆さんが、厚生労働大臣と中央共同募金会会長のメッセージと赤い羽根を携えて10月1日の第一便に搭乗。 全国40カ所の到着地において、現地の知事・市町村長・共同募金会会長・共同募金委員会会長に伝達を行うもので、全国協調の共同募金運動の開始を彩るイベントとして半世紀以上続いており、今年で55回目を迎えます。
当日は厚生労働省に、中央共同募金会会長とANAの方をお招きし、堀内厚生労働大臣政務官が「日本における募金運動の草分けとして寄付文化を育み、住民が相互に支え合う地域づくりを具現してきた共同募金運動が、今後も力強く展開されることを願っております」と、厚生労働大臣のメッセージを代読。中央共同募金会の斎藤十朗会長とともにANA客室乗務員へメッセージを託しました。