地域をみつめ 子どもたちの夢をつくります!
  • 堀内のり子 届けます!家庭の声と地域の声

所見

国民の心を政治に映す

 この3年あまりの民主党政権によって、日本は内政、外交ともに深刻な状況に陥りました。民主党から国民の心は離れ、自民党への支持が高まっています。しかし、単に「民主党がだめだから自民党に」という選択だとすれば、またいつか自民党から国民の心が離れてしまうでしょう。3年あまり、野に下っていた自民党が学んだものは何か、それを国民に示さなければなりません。その学んだものとは「国民の心を政治に映す」ことではなかったかと思います。


 このたび私は、自民党県連女性部の皆様から、①民主党から政権を取り戻すことが、日本の安全を守り、国民生活を守ることにつながる②山梨は自民党の国会議員ゼロの状態から抜け出さなければならない③第2区においては、自民党員や支持者に大変不安を与えている。2区を不戦敗にはできない-などと、熱心なお話をいただき、私自身も同じ認識を持っておりましたので、女性部の皆様のご要請をお受けし、次期衆院選への挑戦を決意しました。

女性の視点で地域格差の解決に挑戦

 山梨県は、来年、富士山の世界文化遺産登録が有力視され、その後、中部横断自動車道やリニア中央新幹線といった、第2区に関わる国家プロジェクトの整備が進みます。山梨の新たな時代をリードし、未来を担う子供達のためにも、国政の場から全力を尽くします。


 山梨県は首都圏に隣接していながら、医療、介護、教育、そして雇用など、格差問題が広がっています。日々の生活の中で、家庭はもちろん、地域を守っているのは多くが女性です。女性の視点が必要です。

 政治家の家に嫁いだことで、20年以上もの間、間接的ではありますが、政治の世界に触れてまいりました。その経験を生かし、山梨が新しい時代に入る今、多くの皆様の期待にお応えするため、全力で取り組みます

— 堀内のりこ —

山梨第2区のエリアはこちら

Back to Top